社会福祉法人 成晃会 ポート愛ランド。老健ムーチョ 採用サイト

社会福祉法人 成晃会 ポート愛ランド。老健ムーチョ 採用サイト

お電話でもお問合せできます。078-303-8700

ご応募はコチラ

職種に上も下もない。専門職としてリスペクトされるスタッフを育てたい-先輩職員の声02

職種に上も下もない。専門職としてリスペクトされるスタッフを育てたい-先輩職員の声02

episode01現場が長かったからこそ スタッフの気持ちがわかる

介護スタッフの教育を担当しています。
管理職にはなりますが、約20年弱介護の現場で働いてきたので、今も現場が好きですし、現場で働くスタッフの気持ちもよくわかります。 この経験を活かしながら、スタッフの成長につながるような教育カリキュラムを作っています。

episode02経験年数は関係ない。全員に基本を教える

入職後は、ベテランも役職付きも新人も、みなさん同じ基礎研修を受けていただきます。それは、基本が何よりも大事だと考えているからです。
基本がきちんとできていたら、利用者さんごとに体の不自由な箇所が違っていても、ちゃんとサポートできる。
Aさんの介護はできるけれど、Bさんの介護はできない、ということにはなりません。

episode03キャリアアップとともに幅広い活躍の場が

入職1年目は新人ですが、それ以降は、きちんとしたキャリアを持つスタッフとして活躍してほしいと思います。入職2〜3年目のスタッフが新人指導を行い、5年目以上からはフロアの取りまとめや研修の講師を担当するなど、階段をのぼるようにステップアップしていけます。 当施設の特徴は、病院、特養、有料老人ホームなどの多様な施設が同じグループ内にあるということ。
キャリアがアップすれば、さまざまな施設で活躍するチャンスが広がります。

episode04仕事を通じて医療も学べる

透析患者さんを多く受け入れるので、おのずと透析の知識を身につけられるのも老健ムーチョの特徴の一つです。 より良い介護のためには、まずは病気を知ること。
現場には看護師がいますから、介護につながる医療の知識も仕事を通じて学べます。

episode05プロとしてのプライドを育てる

私は、職種に上も下もないと思っています。看護職は医療のプロとしてリスペクトされるべきですし、介護職も、利用者さんの生活を支えるプロとしてリスペクトされるべきです。 スタッフのみなさんには、胸を張って「この道のプロです!」と言っていただきたい。そのためのプライドを育てる職場づくりを目指しています。

episode06プロフェッショナルを目指せる職場

介護のプロフェッショナルに必要なのは、同情することではなく、共感する力。悲観的になっている利用者様の気持ちをくむことは大切ですが、一つでも二つでもできることを増やすのも私たちの大切な仕事です。 利用者様が前向きになれるように一緒に目標を立てたり、それをサポートする姿勢を見せることが大切。
そういう力が育つ環境づくりも、私の仕事だと思っています。

ほかの先輩職員の声を聞く

PAGE TOP